社員インタビューInterview

RYO MIYOSHI

三好 亮

2006年キャリア入社

意匠設計チーム長

大阪事務所

好きな建築:
ジュビリー教会
法隆寺宝物館
ロンシャンの礼拝堂
プラダ⻘⼭店

自分にしかできない設計を追い求め、
新たな挑戦への意欲はとまらない。

過去

設計士として、さらなる成長を求めて。
がむしゃらに頑張ってきた。

大学卒業後すぐは、人数も少なく作家性の強いアトリエ系事務所に入社しました。
とても忙しく、知識もなくわからないことだらけで、毎日のようにものすごく怒られていましたね。その後2社を渡り歩き、3社目に勤めた会社で「助っ人として出向してくれないか?」と言われてやってきたのがIAO竹田設計でした。
出向期間中、当初予定していた以外のプロジェクトも手がけることになり、出向後、しばらくして元の会社を退社したのですが、その際「うちに来ないか?」と誘っていただいたんです。

試行錯誤しながらも、
住宅設計の奥深さを知った。

はじめてタワーマンションを手がけた時は、分からないことだらけでした。
これまでとは比較にならないほどの工程があり、クライアントの方々からの要望や建築基準法やその他条例などで定められたさまざまな条件をクリアするベストなプランをどう選択するか、それらをどうデザインに落とし込むか今でも難しい部分です。
試行錯誤しながら、上司や先輩に相談したり、他の社員が携わった物件の見学会や図面を見て学び、新たな発見もたくさんあることが仕事の醍醐味です。

多くの人が関わることで、
大きなことを成し遂げられる喜び。

タワーマンションは、計画がスタートしてから完成までに4,5年かかるんです。
だからこそ、さまざまな人の関わりや力が合わさって、本当に大きなことを成し遂げられる喜びを、身をもって知ることができました。
チームでひとつのプロジェクトに取り組んでいるIAO竹田設計でなければ、感じることのできない達成感だったと思います。
そしてやはり、クライアントの方々やそこに住まう皆さんに喜んでいただけた時、今までにはない大きなやりがいを実感できました。

現在

入居者にしか分からない部分にこそ、
遊び心とこだわりを発揮する。

建物の外観はもちろんですが、基本的に重要視されることのない地下駐車場に、あえて「こだわり」を入れることもあります。担当する物件の設計では、「ここなら自分の遊び心やこだわりを思い切って表現できる」というポイントを探しています。
また、ライティングにこだわることもあります。どこからどのように光を当てるか、器具をどのように隠すかなど、照明デザイナーと何度も話し合いながら実現させます。
ちなみにその物件は、照明器具が空間・建築と融合したデザインとして評価され、「国際照明デザインアワード」を受賞することができました。
建物の外見だけではなく、見えないところや細かい部分にも設計士だから携われる。これもIAO竹田設計だからこそだと思っています。

未来

マンション建築の中にも、
新しい試みや表現を。

マンションは、入居者が集まらなければいけません。だから、可能な限りたくさんの方々に満足してもらうことが大切になります。
設計士として、デザイン的に少し上を狙った斬新さを出そうと思うと難しい面はあるのですが、それでも欲は出していきたい。できることなら、集合住宅であっても有名建築雑誌に掲載されるような「建築的な新しい試み」をどんどん採り入れていきたいです。
自分なりの遊び心やこだわりを持って、建物の設計において表現する。そんな飽くなき挑戦は続けていきたいですね。

映画の世界を現実の設計に。
いつかそんなチャレンジもしてみたい。

普段からよく映画を観るのですが、今ひそかにたくらんでいるのは、映画で見たような建物を手掛けてみたいという野望です。
例えば、海外のセレブの家のような建物とか、近未来的SF映画に出てくるようなものとか「2001年宇宙の旅」みたいなチャレンジができたらおもしろいなと考えています。

これから仲間になる方へ

自由な社風だからこそ、
自由な発想で飛躍できる場所。

組織がしっかりシステム化されている事務所も多くありますが、IAO竹田設計はまだまだ自由もある組織です。仮に気になることがあっても、みんなで協議しながら改善できる組織だと思います。
自由な社風だからこそ、自分からアプローチして、若手でも活躍できるのがIAOの良いところ。切磋琢磨しながら、自由な発想を発揮して、さまざまなことにチャレンジしてもらいたいです。

Other interviews

Welfare

研修・福利厚生